免疫力を上げるには規則正しい生活を送ることも重要です。

身体にもいい生活リズムタイムテーブルはこちらを

 

07:00  毎朝決まった時刻に起きる

 起きる時刻を固定し、リズムを作る

  体内時計を整える第一のコツは、早寝早起きではなく早起き早寝。

  寝る時間より起きる時間の方がコントロールしやすいからです。

   寝ている間にコップ1杯ほどの水を失う。

  起きたらすぐ水を飲んで脱水予防。

 

07:01 カーテンを開け朝日を浴びる

 日の光が体内時計をリセット

  体内時計は一日24時間と10分ほどのサイクルを刻んでいるが、

  毎朝光を浴びると24時間ジャストの周期にリセットされます。

  体内時計は免疫システムを調整し、特に朝は免疫細胞が増える。

 

07:15 起きたときの体調で眠りを評価する

 疲れが残っていないかをセルフモニタリングする

  眠りでは睡眠時間だけでなく、 その中身である質も大切。

  眠りの質は朝起きたばかりの感覚で疲れと眠気が取れているかを評価。 

  疲れと眠気が残っていたら夜の過ごし方を見直す。

 

07:30 朝食でヨーグルトや納豆を食べる

  発酵食品を取り入れ、腸内環境を良くする

   腸内環境を良好に保っておくと、 免疫力もアップする。

   腸内環境を整える細菌の餌となり、 元気にするヨーグルトや納豆などの

   発酵食品を朝食の定番メニユーに取り入れてみましょう。